Azumi Kashiuchi / paint & film
Chie Narita / music & edit http://chiecello.com/index.html

profile


樫内 あずみ Azumi Kashiuchi

絵描き。1994年愛知県知多半島出身。
幼少期より、絵を描く事と植物が好き。
霊能者の祖母を持ち、信者が出入りする家庭で育つ。信仰とは何か考える。
思春期は不登校…、にも関わらず生徒会長としても活動していた。5年制の看護高校へ進学。
19歳でバセドウ病発症後、再び不登校になり在学4年目で退学。絵を描き始める。
引きこもり生活からの社会復帰も兼ねて、20歳で岡山県美作市の限界集落へ移住し、山で暮らす。長野県松本市で初個展を開催。
その後上京。23歳で画家のマシマタケシと出会い、画家としての生き方に感銘を受け、作家活動を本格化。
24歳の時に母と死別。亡くなる直前の母の姿が死生観に影響を与える。

現在は絵画の可能性について追究し、手で直接触れることのできる「触れる絵画」と、即興で個人のために絵を描く「絵詠み」をメインに活動している。
活動を通して、人々に「人生の宝物」を見つめる機会を提供し、自分の手で自分の人生を豊かにする人が増える事を願っている。

Photo by Akira Shiba(2019)

works


2022 ・絵本「0を生きる
     -Living at ZERO- 
     (絵画担当)
    ・株式会社未来会報誌
    「アイラブミー」
     (エッセイ、絵画提供)

2021 ・動画作品「myaku」Chie Narita
     (絵画、映像提供)
    ・絵画と整体の親子コラボイベント
     長野県松本市「市民タイムス」掲載

2017 ・CD「夕暮れと夜の間に」ウタツキ
     (ジャケット絵画提供)

history


個展

2022  ・「樫内あずみ個展
       at TOKYO ART DROPS」
      TOKYO ART DROPS、東京
     ・「Gift」
      Gallery219、東京

2021  ・「ASOBI」
      カフェスローギャラリー、東京
     ・「つちのあじ展」
      GINZA SCRATCH、東京
     ・「クリプトメリア」
      Gallery219、東京

2020  ・「にちにちこれ、こうじつ」
      ArtMall、東京

2019  ・「還る日」
      Colline de Tara、愛知
     ・「HaruHaru」
      artist-run-space Merdre、東京
     ・「ウタカタ」
      ArtMall、東京
  
2018  ・「スパシーバ」
      Colline de Tara、愛知
     ・「清明〜seimei〜」
      カフェスローギャラリー、東京
     ・「UKA」
      カフェスローギャラリー、東京

2017  ・「Hakka」
      artist-run-space Merdre、東京
     ・「ラザリー」
      ナチュラルベーグル歌、長野 
     ・「AZUMI ART SHOWING」
      Toland llloom、愛知

2016  ・「AZUMI ART SHOWING」
      ナチュラルベーグル歌、長野

入選・受賞歴

2021  ・「第1回 SAWAKAMI
      ART CONTEST」銅賞

2018  ・「Heart Art in Tokyo 2018
       精鋭作家展」入選